Hultについて

Home > Hultについて

hult-logo-new

Hult International Business School (ハルト・インターナショナル・ビジネススクール) は、1年制のビジネススクールです。コースには、1年制MBA (Master of Business Administration、経営学修士) のほか、Executive MBA、Master in International Business、Master in Finance、Master in International Marketing、Master in Business Analytics  などがあります。

Hult は1964年にArthur D. Little School of Managementとして、世界最初の経営戦略コンサルティング・ファームであるArthur D. Littleによってアメリカ・ボストンに設立され、2003年に、Hult International Business Schoolへ改称し、2019年に創立55周年を迎えました。現在は、ボストン、ロンドン、ドバイ、上海、サンフランシスコ、ニューヨークのマルチキャンパスでプログラムを提供し、23,000名を超える卒業生を送り出す世界最大の大学院となりました。

世界トップランクのMBA -World’s Top-ranked MBA

Hult MBA は世界のビジネススクールを対象としたランキングで常にトップ1% に位置づけられており、直近では、The Economist Which MBA? 2019 で世界 38位にランクインしています。

高い国際性 -Internationalism

Hultの特徴の1つは“国際性”です。例えば代表的なプログラムとして、世界中の6つのキャンパスを移動するキャンパスローテーションがあります。1年間のプログラムの間に他のキャンパスのビジネスや文化を体験することができ、多くの学生がこのローテーションを選択しています。また、生徒のダイバーシティを維持するために約140カ国から・105言語を話す留学生が採用されており、世界中のキャンパスで学んでいます。

徹底した実践教育 -Practical Learning

また、”実践教育” もHultを語る上でかかせないキーワードです。教授陣は、国際ビジネスで活躍する現役の起業家や経営者、コンサルタントで構成されています。それは、Hultのカリキュラムは理論やフレームワークを教えるだけではなく、それらを不確実性の高い現実に適用し、チームとして意思決定し、迅速に結果を生むためのトレーニング(ワークショップ、グループアサインメント、ビジネスコンテストなど)の場を提供することに重点を置いているためです。

コンテンツ

MBAランキング
カリキュラム
歴史
教授陣