在校生ブログ

在校生ブログ_#1. 米国 (San Francisco)入りしました <授業開始前編>

記念すべき第一回投稿、たまたま、数日前に米国入りを果たしたので、Kenが行います。

まず、Why Hult?についてですが、私にとっては、『圧倒的な日本人の現地就職率の高さ』です。
有名米国MBAは、他にいろいろありますが、『3年間のOPT』や、『MBAとBusiness AnalyticsとのDual Degreeが1半年で取れる』等、米国での就職をこれでもかというぐらい後押ししてくれているので、『米国現地就職を目指すMBA留学』に関しては、当方はHult一択かなと思っています。
(更に言えば、返済不要の奨学金の多さを踏まえると、コスパも最強です。)

次に、近況についてです。渡米後、まだ、10日程度(授業は開始前)ですが、
①既に渡米済みのHultのSan Franciscoの日本人メンバと懇親会
②娘の現地高校入学準備
③現地の方とGolf
を行いました。

1 に関して
懇親会を通じ、Hultのメンバの質の高さにただただ驚き、感動すら覚えました。
(1)経営者、(2)外資コンサル出身者、(3)名のある大手企業出身者 等が多く(当方は、(2)(3)に該当)、日本の大学の学部上がりの方も意識の高い方が多数で、米国での野望やインターンに向けた準備等を聞く中で、大いに刺激を受けました。人の成長に、環境がこれほど重要かと身に沁みました。

2 に関して
現在、San Franciscoから南下したSan Mateo地区に住んでおり、娘は、現地の公立高校に通う予定でいます。ちなみにSan Mateo地区のいくつかの公立高校施設を見ましたが、とにかく施設がものすごいです。(著作権の兼ね合い等で、校舎や学校施設の写真を載せられないのが、ただただ残念です。)なお、高校までは、義務教育で、基本現地の学校に行かせてもらえるようなので、家族連れでの渡米もお勧めします。(娘が現地の友達と仲良くなり、一緒にDisneylandやUniversal Studios Hollywoodに行けるようになる日が楽しみです。)

3 に関して
現地に住む、知り合いの方とGolfに行きました。日本に比べ、安価でプレーできますので、たまの気晴らしには最高です。ぜひ、米国で腕を磨き、上手になりたいなと思いました。

以上が、Why Hult? & 近況報告(渡米10日程度)でした。

当然、留学ですので、『学業で如何に有益な物を身に付けられるか』や、『就職でどのような結果を出せるか』は非常に重要ではありますが、とはいえ、『現地での出会い』『現地でしか味わえない経験』を大切にし、苦労を楽しみ、唯一無二の最高の留学にできればと思っています。

次回は、再びBostonキャンパスのYuzoにバトンを渡します!!